まだ消えていない!?インフルエンザA型B型

毎年秋頃から予防接種が始まるインフルエンザ。
一冬を越え、やれやれ今年はかからなかったと安心していた矢先に、我が家にも一足遅れてインフルエンザがやってきました。
4月に入り、子供達もそれぞれ進級し、新しい環境となってすぐのことです。
三人兄弟の末っ子(妹)が、インフルエンザA型になりました。
その翌日、長女が同じくインフルエンザA型に…。
一週間の休みが続き、感染してから5日ほどたった時には体力を持て余し始めたので、子供と一緒に新聞紙を小さくちぎり、家の中で『紙吹雪ごっこ』をして遊びました。
ゲームやDVD世代の今、昔ながらの遊び方は、子供達にとても良い刺激があったようで、キャッキャと楽しんでくれました。
インフルエンザの登校開始(小学生)は、熱が下がってから2日後、登園開始(保育園、幼稚園)は、熱が下がってから3日後と言われています。
登校、登園の許可が降りるまで、体力をもて余す子供達に何か楽しい遊びを…と考えて、ダンボールでロボットを作ったり、お風呂場でシャボン玉をして過ごしました。
ようやく長女と妹が外に出れるようになった一週間後、次は長男がインフルエンザB型になってしまいました。
家の中で遊べる、昔ながらの遊びと言えば『新聞紙』。
今度は戦いごっこができる剣を何本も作り、戦隊ごっこをしました。
力一杯遊ぶので、すぐに折れてしまうのが難点ですが、あっという間に新しく作り直せるのは利点です。
とは言え、休みは最低一週間。
新聞紙もネタがつきてしまい、今度はお菓子作りに挑戦しました。
炊飯器で簡単お菓子作りや、玉子焼き、カレーライス。
これまで子供がやってみたことのない料理に挑戦してみました。
日頃仕事をしている私は、ゆっくり料理のお手伝いはさせてあげれなかったので、とても良い経験をさせてあげれたお休みとなりました。
インフルエンザA型B型。
流行りはいつくるのか、終わるのか分かりません。
長い休みが必要となり、仕事をしているママは大変なこともあるでしょう。
しかし、この休みの期間を無駄にせず、子供の成長をじっくりと見れる貴重な時間と想い、過ごしてみてはいかがでしょうか?スギ薬局 ベルタ葉酸