12年間の愛情をありがとうとわんこに伝えてお別れしました

先日、うちで12年間飼っていたアイリッシュセッターという犬種のわんこが天国に旅立ちました。
うちのわんこは、1年前ぐらいから足腰が弱って来て、お散歩もものすごく短い距離しか行けなくなっていました。
そして、この3か月は庭でおやつをもらうぐらいのことも大変になってきていました。
それでもがんばって、おトイレは外にある犬用のトイレを使うために立ち上がっていました。
でも、自分の力では立ち上がれなくて、家族が支えてようやく立ち上がる時もありました。
それでも寝ていればまだ痛みもほとんどないという状況だったので、ここ1か月はずっと寝たきりのわんこと家族は過ごしていました。
でも、とうとう、本当に、立ち上がる時に辛そうになってしまったので、獣医さんに相談しました。
獣医さんは半年前から、そろそろ安楽死を考えてあげないと犬がかわいそうだよというようなことを言っていました。
本当は寝たきりでもいいからまだまだ、かわいいわんこと一緒にいたいというのが家族の本音ですが、わんこのクオリティーオブライフのために、安楽死を選びました。
今はうちのわんこは天国で思い切り駆け回って楽しくおやつを食べているのだろうなあと思っています。
ペットとのお別れは辛いですがペットが幸せを感じることができることが一番大切ですよね。